長所を見付けるいい男

 

「いいところ探しをしよう」

といったことはよく見聞きするかと思いますが、
実践するのはなかなか難しいものです。

実際に、誰かと対面したときに
相手の悪いところばかり見てしまう
という方も多いのではないでしょうか?

特に、男性というのは、
もともと相手よりも優位に立ちたいという部分がありますので、
よけいにそういった傾向が見られるものです。

 

相手の悪いところを見て、
「自分はまだマシだ・・・」
と思って安心しているのです。

これでは、人としての器の小ささというものをより浮き彫りにしてしまいますが、
こういった部分は誰にでも大なり小なり存在します。
もちろん、私にも(^^;)

 

女性にもこういったところはあるのですが、
女性の場合には「あの子はああだけど、私はこうだから」
と自分の切り札で勝負する傾向にあります。

相手の悪いところを見て安心するというよりは、
相手の悪いところを見てそれに勝る自分のいいところを探すといった印象です。

男性は相手を下げるだけ、
女性は相手を下げて自分を上げるといった違いがあります。

自分を上げて相手を落とす
 

ただ、相手の悪いところばかりを見て、何かメリットがあるでしょうか?

相手の悪いところばかりを見つけても、
相手のことをどんどん嫌いになるばかりで、
とても良い感情というのは生まれてきません。

もちろん、それで安心している男性も多いかもしれませんが、
なんともレベルが低いと思いませんか?

 

相手の悪いところを見て、
「自分はあいつよりマシだ」と安心し、
相手のことをどんどん嫌いになっていく・・・

誰にとってもメリットはないですし、良い影響というのは与えません。

マイナスの連鎖ですね。

こういったことを日常的に繰り返していくと、
自分のレベルをどんどん下げてしまいます。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

普通の人であれば、
相手の悪いところが目についてしまうのは仕方のないことかもしれません。

でも、相手の悪く見えたところを、どう解釈するのか
というのは自分で変えることができるんです(^^)/

 

例えば、ものすごく無口な人がいたとしましょう。

普通は相手の人が無口だと、会話も弾まないですし、楽しくないですよね。
※無口の人が好き~という人は別ですが(^^;)

ですから、普通は、「あいつは無口でつまらない」と
その人の欠点としてとらえがちです。

 

ですが、無口ということは近所のスピーカーおばさんのように
うわさ話といった情報を周りにまき散らすことがないということ良さもあります。

つまり、「あの人は口が堅い」という魅力につながってくるのです。

 

「飽きっぽい」 は 「興味関心が強い」
「落ち着きがない」 は 「行動的」
「短気」 は 「決断が早い」

このように同じことに対しても、見る角度を変えることによって、
さまざまな解釈のしかたがあります。

何よりも相手の欠点だと思っていた部分が
実はその人ならではの魅力になり得るとわかったときに、
その人への感情というのはプラスの方向へ動いていきます。

それまで嫌いだった相手を好きになれるかもしれません(^^)/

発想の転換で嫌いだった相手が減り、
好きになれる相手が増えると、
人間関係というのは広がっていきますし、充実してきます。

 

それまで恋愛対象外だと思い込んでいた女性が
実はとても魅力的な女性であることに気づくこともあるかもしれません。

そこから発展して意外な相手と恋に落ちる
……なんてこともあるかもしれませんよ♪

 

何よりも相手のいいところを見付けてくれる人というのは、
性別や年齢に関係なく好まれるものです。

 

相手のいいところを見付けるからこそ相手のことを好きになれますし、
人間関係の楽しさもわかるようになります。

 

彼女を作りたい そう思っているあなた!

相手の悪いところを見付けて安心していた自分を脱ぎ捨てて、
よりポジティブで魅力あふれる男性を目指していきましょう(^^)/

彼女の作り方 黄金レシピを見る

 

アーカイブ

最近のコメント

    ▲トップへ戻る