女性は共感、男は解決

 

女性から悩みや相談を受けたことはありますか?

彼女に悩みを聞いたら
そのとき、一生懸命考えて、せっかくていねいに相談に乗ったのに、
その後の女性の反応があまり芳しくなかった。
そんな経験はありませんか?

嫌ですよね、せっかく親切にしたのに(^^;)

でも、もしかしたら、
それは、女心をしっかりつかんでいなかったからかもしれません。

思い出してみてください。
そのとき、具体的な解決策を示してアドバイスをしませんでしたか?

 

女性から悩み相談を受けると
私たち男は、「俺って頼りにされてる!」と、
ついテンションを上げてしまうものです。
※私がそうです(^^;)

そんな時、相談してくる女性は悩みを抱えており、
いわば精神的に弱っている状態です。

だから、「ここでいいところを見せれば・・・」
と思ってしまうのも当然です。

実際に、こういったところから恋愛に発展するケースも少なくありません

ただ、ここでドヤ顔をしながら
具体的な解決策やアドバイスを提示したのでは
女性の心をつかむことはできません。

自分としてはいいところを見せたつもりになるかもしれませんが、
むしろこういった行為で女性の心が離れていってしまうこともあるんです。

 

 

そもそも女性はとても共感を欲する生き物なのです。

「そうだよね~」
「あるある~」
「私も~」
・・・こういった同じレベルや次元での同意を求めているのです。

女性からの悩み相談のほとんどは解決策を求めているのではなく、
単に愚痴を聞いてもらいたかったり、
その中で同意をしてもらったりといったことを期待しているのです。

もちろん、男性が提示してくれた解決策や
アドバイスが実際に役立つこともあるでしょう。

ですが、女性のほうは、とにかく最初に深く共感してもらいたいのです。

「そうかぁ、それは大変だったね」
「あ~、それはつらかったね」

そんなふうに
「自分の思いに寄り添ってほしい」
「アドバイスとかいいから、とりあえず聞いてほしい!」

これらが女性の本音なのです。

 

一方で、男というのは
こういったときに解決策やアドバイスを提示したがる生き物ですよね。
きっと心当たりがあるでしょう(^^)/

極端な言い方をするなら

男と女は別の生き物だ!

そう思ってもいいくらいです(^^)/
私はそのことがわかってから
女性とのコミュニケーションが格段にうまくいくようになりました

当然、複数の女性と並行してお付き合いをするようなことも可能になります。

基本的に女性は同じところに立ってくれ、
同じ高さの目線からの共感を求めてきます。
男性は上から目線の解決策やアドバイスをしたがります。
これでは、完全にミスマッチですね(^^)/
あなたが、レストランに行って
「ハンバーグをお願いします」と注文したのに
「いえ、うちのおすすめはパスタなのでパスタをどうぞ」
と言わたらどうですか?

「確かにお勧めはパスタかもしれないが、
自分はハンバーグが食べたいんだ」

こう思いますよね。

ほら、同じでしょ(^^)/

女性は自分の心の内をわかってほしい、
そして「そうだね」と共感してほしい。

それに対して、
いくら男性にとって自信のあるすばらしいアドバイスも
女性に寄り添わない限り何の役にも立たないんです。

求めている人に
求めているものを提供することによって、
満足してもらえる

・・・当たり前のことなのですが、
ここが抜けている方が案外多いのです。

女性があなたに悩み相談をしてくるときというのは、
確かにチャンスです。
そのチャンスをぜひ生かしてください!

まずは女性が何に心を痛め、何を悩み、どんな気持ちでいるかを
全身で感じてください。

女性の話をしっかりと聞き、
「そうだよね」
「俺もそう思うよ」
「大変だったよね」
と同じ目線から同意の言葉をかけてあげてください。

すると、
「ああ、この人は私のことわかってくれるのね」
女性の心をぐっとつかむことができます。

 

一通り話を聞いて女性が満足しているようであれば、それでOKです。
物足りないかもしれませんが、
具体的なアドバイスなんて無くていいんです(^^)/

それでも、彼女が「どうすればいい?」
そう、アドバイスを求めてきたら

そのとき初めて
「こうしてみたらどうかな?」
そう答えてあげましょう。

気持ちとしては、真っ先に言ってあげたい具体的な解決策やアドバイスを
最後の最後に持ってくることによって、より男としての株を上げることができます(^^)/

「相手の求めているものをあげる」

これが一番!!

もっといろんな女性とお付き合いしてみたい

そんな方は本サイトの
「彼女の作り方 黄金レシピ」を是非一読ください(^^)/

彼女の作り方 黄金レシピを見る

アーカイブ

最近のコメント

    ▲トップへ戻る