合わせるだけじゃダメ

 

その場その場で適当に合わせるタイプの人間を見て、
イラッとした経験のある方も多いのではないでしょうか。

イラッとしないまでも、「なんだかな~」と腑に落ちない部分はあるかと思います。

素直に人の言葉に耳を傾け、周りの方の意見を尊重することは大切です。

でも、それだけではいけません。

 

その場その場でうまく合わせていくというのも
ひとつの処世術ではありますが、
そればかり続けていくと

「あの人は信用できない」

と思われるようになるかもしれません。

素直に人の言葉に耳を傾け、
周りの方の意見を尊重するというのは、
自分の考えというものがあってこそより意味が出てくるものなのです。

 

人に合わせてばかり
 

自分の考えや意見を持たない方が
人の言葉にばかり耳を傾け、
周りの意見に合わせているとどうなると思いますか?

「え、周りとうまく調和がとれていいんじゃないの?」
そう思います?

確かに、最初は相手の話を素直に聞き、
周りの意見を尊重してくれることに
好感をもつ人も多いでしょう。

否定的な意見を出さないのであれば、
人間関係にも波風は立たないですからね(^^)/

ただ、自分の意見や考えを出さないままに
こういった状態を続けてしまうと、
自分というものを見失ってしまいます。

 

例えば、まったく知らない未知の分野があったとします。

未知の分野で
右も左もわからない状態になりますので、
その中で自分の考えや意見といったものは持つことができません。

そういった未知の分野において、
相手の話を素直に聞き、
周りの意見ばかり尊重していると
そのときそのときで相手の話や意見に左右されてしまいます。
仮にそれが悪い話や悪い意見であったとしても、
それを吸収してしまうのです。

自分がどう思っているか、
どう考えているかではなく、
相手や周りがどう思っているか
どう考えているかを優先してしまうのです。

言ってしまえば、何色にも染まってしまう状態です。

自分がないからこそ何色にも染まってしまうのですが、
それゆえに悪いものにも簡単に染まってしまうのです。

ふとしたときに

「自分って何だろう・・・」

と虚無感に包まれることもあるかもしれません。

 

 

昔ほどではないにしても
やはり日本というのは、
自己主張というものを敬遠する傾向にあります。

でも、こういった自己主張を敬遠する傾向のある日本だからこそ
自己主張が大切になってくるのです。

自分の考えや意見というものを持つことによって、
ブレない生き方ができるようになります。

自分が軸になるからこそ、
振り回されることがなくなります。

恋愛においてもそうです。

自分軸をもった男性
 

相手に合わせるばかりでは
いつかは飽きられて捨てられてしまうものです。

自分というものをしっかりと持つことによって、
自分のペースで自分に合った相手と恋愛をしていくことができるのです。

自分を見失った状態でする恋愛ほど不毛なものはありません。

自分の考えや意見を持った上で、
それに合った恋愛をしていく、
相手を探していくことが大切なのです。

サラリーマンのイエスマン体質や
事なかれ主義というのは日本人男性ならではの特徴かもしれません。

一見、周りとの調和を考えた賢い選択に見えるかもしれませんが、
その中で自分を見失っていく男性も多いものです。

そういった男性に物足りなさを感じている女性は少なくありません。

自分の意見や考えをしっかりと持ち、
必要なときにはそれを主張していく・・・
当たり前のことなのですが、
これができていない男性が多いのです。

こういった当たり前のことを
当たり前にできるようになると、
女性も「この人はそこらの男とは違うわ!
と見直してくれるかもしれません。

きっと、頼りがいのある男性として魅力的に見られるでしょう。

 

彼女の作り方 黄金レシピを見る

アーカイブ

最近のコメント

    ▲トップへ戻る