モテる男は聞き上手

テレビ番組などを見ていて、
ひとりの人が延々と話しているのを
周りの人が苦笑いしながら見守る
そんなシーンというのはよくあるものです。

その話している内容が実のあるものであればまだ救いはあるのですが、
他に人にとってはどうでもいいような話であれば
本当に救いようがありません。

一方的に話をするというのは、
それだけで人を嫌な気持ちにさせてしまうものなのです。

おしゃべりな男性はモテません
自己主張することはもちろん大切なのですが、
それが強すぎると人間関係が難しくなってしまいます。

彼女を作りたいのなら、話すことばかりではなく、
聞くということにも意識を向けるようにしましょう。


「聞き上手はモテる」
という話を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

実際に、聞き上手は性別や年齢に関係なくモテます。
それは、
人は聞いて相手の人に十分聞いてもらえると満足感を感じるからです。

でも、ホントは私たち人間というのはみんな話したがり(^^)/
自分がどのように考えているのか、自分だったらどうするのか
そんなことを熱弁して「おぉ!」「すごい!」「さすが!」そう言ってもらいたいのです。

つまり、自分の話を聞いてもらい、
それに対するリアクションをもらうことが満足感につながるのです。

女性を前に饒舌になる男
特に、男性は女性を前にすると饒舌になる傾向があります。
女性の前ではカッコイイ男でありたいと思ってしまうものですから、
しかたのないことでしょうね(^^;)

目の前の女性がニコニコと笑顔で話を聞いてくれていたとしても、
それで満足しないでください。

その女性の内心は笑顔とはまったく違っているかもしれません。
いかにも興味のありそうな表情をしながら
「話長いな~」「つまんないな~」と思っている可能性はおおいにあるのです。


男性は女性の前でカッコつけるためにあれこれと話をしたくなるかもしれませんが、

実は女性ほど話を聞いてほしい生き物もいないのです。

つまり、女性に聞き役をさせるというのは女性に我慢をさせているということです。
例えば、相手が話しているときに「あ!それ知ってる! …だよね~」
と思わず言ってしまいたくなることはあるかと思います。

このときに相手がマシンガントークで圧倒して、
こちらに話すスキを与えないとフラストレーションがたまってしまいます。

女性に聞き役をさせるというのは、
極端な話をすれば常にフラストレーションをためさせている状態に他ならないのです。

もちろん、相手が女性でなくとも同じです。
男性同士でも会話においてフラストレーションがたまれば、
相手に対していい感情は抱きません。

では、どうしたらお互いにいい関係が築けるのでしょうか。

それはずばり、自分が聞き役に徹することです。

もちろん、話したいこともあるでしょう。
ですが、話したいのはみんな一緒です。

自分が話したいという欲求をぐっと抑え、
ちょっとだけ損な役回りを引き受けることによって、
多くの人から好まれるような人間になります。

聞き役になる男性
聞き役に徹するといっても、一切話をしないわけではありません。

8を聞いて2で話すくらいがちょうどいいでしょう。
8割を聞くことに使い、
残りの2割を相手の話の内容へのリアクションに使っていければ最高です(^^)/

特に、女性は一方的に話をする男性というものを何人も見ていますから、
ちょっと「いいな!」と思った男性にせっかくあえても、
その男性が一方的に話をしてしまえば「またか・・・」と落胆してしまいます。

そういった中で聞き役に徹する男性が現れればどうでしょう?
「この人は私の話をしっかり聞いてくれる!」
「他の男とは全然違う!」
と強烈に印象付けることができるのです。

聞き役の男性はモテます。
好感度もアップしますし、周りの人にいい印象を与えることができます。

基本的に人間はみんな話したがりですから、
聞き役というだけで性別や年齢に関係なく、
多くの人から愛される人になるでしょう。


彼女の作り方 黄金レシピを見る

アーカイブ

最近のコメント

    ▲トップへ戻る